Welcome to my blog

ごんたのドルフィー備忘録

ドール沼にはまってしまった多趣味なオタクのドール関連備忘録

 遅ればせながらバレンタイン!

皆様こんばんは。

バレンタイン用にドルドル写真を用意していたのですが、
気付けば1週間近く経過しておりました、ごんたです。

折角写真があるので、遅ればせながら今回はバレンタインネタに
しようかと思います。

別にお風呂ネタを温存しているわけではありませんよ?
そっちは水曜日に更新されるはずです。(今日中に書ければ)


IMG_1969.jpg
みやび「パパ!バレンタインだからチョコあげる!!」

ほたる「会社に泊まったりであまり帰ってこないから遅くなっちゃったけど」

ごん「おお!わざわざすまないねぇ。ありがと…う?」
IMG_1970.jpg
ごん「チョコ?」

IMG_1971.jpg
みやび「なんとカジカガエルなの!」

ほたる「昔飼ってたと聞いたので」

ごん「そいや丹沢に蛍見に行ったとき捕まえて飼ってたな」

ほたる「鳴き声がカエルとは思えないくらい綺麗ってききました」

ごん「フィフィフィフィって澄んだ高い声で鳴くんだよ」

みやび「そこ連れてってほしいの!」

ごん「ああ、それも悪くないかも。じゃなくて」

ごん「凄いチョイスをしてきたな。うちの娘らしいといえばらしいけど」
IMG_1977.jpg
さて、そんなこんなで素敵なチョコを見つけてしまいました。

『カエル』じゃなくて『カジカガエル』ってのが素敵ですね。

ブログに書いてないのであれですが、ごんたは昆虫だけでなく
爬虫類や両生類、魚類甲殻類とちっこい生き物が大好きでして、
昔から近所の雑木林や田畑で色々捕まえては飼育しておりました。

このカジカガエルは和歌の季語にもなっている、
古来より愛されてきたケロケロです。

どちらかと言えば低温を好むカエルですので、
夏場の飼育は温度管理が必要ですね。

25℃以下を目安に、餌はコオロギやミルワームでOKです。

吸盤は発達していますが、樹上性ではないので、
登り木等の立体的なセットは不要です。

新聞紙を床材にして、大きめの水入れを用意してあげましょう。

みやび「なんか変なブログになってるの!」

IMG_1978.jpg
さてチョコを見ていきましょう。

上から見るとカジカというよりもシュレーゲルアオガエルに近い印象ですね。
アマガエルよりも鼻先が尖ってて、そこは良く捉えているかな?
IMG_1982.jpg
足元をご覧ください。
この体型でこれほど吸盤と水掻きが発達していれば、カジカガエルと判別できますね。

商品化した方の熱意が伝わってきます。
素晴らしいチョコといえましょう。

てな感じで、世の中色んなチョコがあると学んだごんたでした。

しっかし、こんなものバレンタインに贈られた側は
普通に引くのではないでしょうか。

個人的にはモリアオガエルとかイシカワガエルが好きなので、
その辺も商品化していただけたらなぁと思わずにはいられません。
大きさ的に厳しい感じもしますが。

以上、バレンタインネタの皮を被ったチョコレビューっぽい何かをお送り致しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村 ドルフィードリーム
スポンサーサイト
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

0 Comments

Add your comment